走れば走るほど元気になる!

靴はすり減っても心はすり減らない。マラソン、トレイルランニング、疲れ知らずのマラソンダイアリー!

秋のレースは・・・

9月6日 走行距離10キロ

 

夕方に10キロ走。

体感では1キロ4分30秒ですが、実際は5分30秒。

ハアハア、ゼエゼエ言いながらなんとか10キロ走り切りました。

 

ここ数年は冬のマラソンレースしか走っていないので夏場はあまり走っていません。

今年も予定しているのは、抽選に応募している2月の京都マラソンと3月の篠山マラソンです。

ですから、それほど慌ててトレーニングする必要はありません。

 

しかし今年は秋に重要なレースがあるのです。

それは・・・

 

町内対抗運動会!

 

今住んでいるマンションには数年前に越してきたばかりで、昨年声を掛けていただき初めて参加させていただきました。

 

リレーに出てほしいとのことでしたが、声を掛けてもらったのが4日前。

 

去年の夏は全く走っていなかったので、慌てて次の日に軽くダッシュをしてみると、翌日猛烈に首が痛くなりました。

さらにその翌日には足が筋肉痛に・・・。

ボロボロの状態でしたが当日にはなんとか走れるようになりました。

 

そしてリレーの時がやってきました。

スラリとした若者を猛然と気迫だけで追いかけ、抜かしそうになったのですが、

その時!

 

私のバトンが相手の選手のバトンに当たり、クルクルと遠くへ飛んで行ってしまったのです。それを取りに行っている間に周回遅れになってしまいました。

 

しかもその様子は私の町内の応援席からはよく見えなかったようで、

「あいつは何をしとんねん」と不思議な空気に包まれたようです。

 

これは恥ずかしい!

 

町内の新参者のくせに足を引っ張ってしまいました。

大縄跳びも想像以上にきつかった。足に引っかかりまくり!

 

私の住んでいる地域は若者が少なく、参加者は年配の方々がほとんどなので、まったりと楽しめばいいのですが、いざ競技となると皆さん燃えてきます。

 

しかも、いるのです。

とんでもなく足の速いオヤジが!

 

私のようにマラソンをしていても、本気のダッシュは怖くてなかなかできません。

しかしどう見ても運動していなさそうなのに、猪のような走りを見せる猛烈オヤジが結構いるんですね!

 

今年はそんなおじさんにも対抗すべく、本番に向けトレーニングを開始したいところですが・・・

 

すでに遅いかも。体重がベストプラス5キロ。

しかも当日は仕事で行けないかも。

 

でも参加できればラッキーという気持ちで、トレーニングをして備えておこうと思っています。

 

呼んでもらえなかったりして・・・。

それでも行きますけど。