読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れば走るほど元気になる!

靴はすり減っても心はすり減らない。マラソン、トレイルランニング、疲れ知らずのマラソンダイアリー!

レース用シューズに迷う! ソーティマジックライズかターサーか

2月18日 走行距離0km

今日は疲労回復のためランオフにしました。

体が重くキレがなくなっているので

休息をいれ体を軽くしてから

仕上げていきたいと思います。

 

しかし不安要素がひとつ。

 

レースで履くシューズをまだ買ってないのです。

 

今履いているのは、アシックスの

ソーティマジックライズ)という

シューズです。

 

f:id:mayaboupan:20160218210817j:plain

このシューズ、軽い!そして薄い!

しかもこの1年間履き続けてきたので

底が擦り減ってペラペラ!

まるでスリッパか地下足袋でも履いているようです。

 

レース前に同じ物を買い替えようと

思っていたのですが

先日の30km走で不安になってきました。

 

20km程度、またはジョギングペースで

30km以上なら問題ないのですが、

本気で走ると着地の衝撃が大きく

足に負担がかかってしまいます。

 

思えば1年前、あるスポーツ用品店に行ったときです。

その頃履いていたターサーシリーズの横に

「マラソンシューズ」という

棚があるではありませんか!

 

「マラソンシューズ」?

ターサーもマラソンシューズではないのか?

不審に思いじろじろ見ていると

店の奥から凄みのある御主人が登場。

 

「マラソン用のシューズかい?

 マラソン走るならシューズは軽いほどいいよ。

 ただし、しっかり走り込んでいるならの話だけどね。」

 

とのこと。実際は京都弁でしたが。

 

私はたいして走り込んでいないのにもかかわらず

「そうですよね~。軽いほうがらくですよね~。」

などと思わず口走り

お勘定を済ませたのでした。

 

そして、「マラソンシューズ」の意味を知ったのは

その後走った京都マラソンの35kmを過ぎてから。

 

37kmまでイーブンペースを維持し

サブスリーを確信した後

足がコンクリートのように固まったのです!

 

ゴール目前でシューズの薄さの影響で

足が悲鳴を上げました。

 

そうなのです!

ランニングシューズと

マラソンシューズとは違うのです!

 

マラソンシューズとは

フルマラソン2時間30分で走ったり

中距離を走るようなエリートランナーが

履くシューズだったのです。

 

私のような、なんちゃってランナーが

履くには100年早い、

選ばれしもの達が履くことのできる

幻のシューズだったのです!

(まあ薄々気づいていましたが)

 

そしてゴールまで足の痛みに苦しみ

「このシューズにしなければよかった」

と後悔しながらなんとかゴールしたのでした。

 

もちろんシューズが悪いわけではなく

実力に伴わないシューズを選んだ私が

100%悪いのです。

 

免許取り立ての初心者ドライバーが

F1マシンに乗るようなものだったのです。

  

しかし履きなれると軽いだけあって

楽なのは確かで走りやすい!

 

このシューズで1年間走れば

おのずとこのシューズで走れるフォームに

変わってくるのではと考え

このソーティマジックライズを履き続けて来ました。

(新しいシューズを買うお金がなかったという

 もっと大きな理由もあったのですが)

 

しかしレース目前になって、やはり厳しいな

という感じです。

そんなわけで

以前履いていたターサーにしようと

決めました。

 

明日は京都マラソンのエキスポがあるので

のぞいてみようと思っています。

安く買えるといいのですが。

 

 

 

  読んでいただいてありがとうございます!

 ランキングに参加しています。

 クリックおねがいします!

 

  にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
  にほんブログ村