走れば走るほど元気になる!

靴はすり減っても心はすり減らない。マラソン、トレイルランニング、疲れ知らずのマラソンダイアリー!

今後の練習計画

1月29日 走行距離 0km

京都は冷たい冬の雨です。

さすがにこんな日は走ってはいけません。

風邪かしもやけになりますね(^^)

 

今日は昨年走った京都マラソンまでの練習を振り返り、

3月6日の篠山ABCマラソンまでの練習計画について考えてみます。

 

とは言ってもおおざっぱなものですが・・・

(昨年のタイムは3時間01分でしたが、最後は完全に脚にきて

 グダグダだったので失敗としています)

 

昨年は月間走行距離(レースは2月15日でした)

12月 230km

  1月 330km

そして、レース10日 キロ5分30秒で43km  ?これがダメ!!

 

レースペースで走るべきでした。

他の日もロング走は多めにしたのですが、

なんとなく長い距離走っておいたら安心できるような気がしたのでしょうか。

 ゆっくり長く走っても意味がないということを痛感しました。

 

失速の原因はレースペースでの着地の衝撃に耐えられる脚が

出来ていなかったためです。

対策としては、やはりスピード練習でしょうか。

それとレースペースでの35km走。

(30kmでは短いと思います)

質の高い練習を意識しなければ!

月間走行距離はあまりタイムと関係ないのでは?

ケガの防止のための脚づくりの段階では走り込みは大切だとは思いますが。

 

 

もう一つの課題はスピード不足。

今までのレースは毎回1km4分10秒を目安に走ってきたのですが

後半遅れだすと巻き返せない!

耐えるだけ、粘るだけになります。

自己ベストを目指して攻めてみたい!

レース終盤に驚異的な追い上げを見せる川内選手のような走りをしてみたい!!

 

しかし、1kmのインターバルではこれ以上スピードは上がらない気がします。

400mのインターバルのほうがいいのかな?したことないのです。

(ケガしそう、しんどそうという理由)

 

要研究ですね。

 

そういうわけで今夜は何ひとつ練習計画を立てられず。