走れば走るほど元気になる!

靴はすり減っても心はすり減らない。マラソン、トレイルランニング、疲れ知らずのマラソンダイアリー!

鷹峯から京見峠へ駆け上がる!

1月19日 走行距離 22km

最高気温5度!

粉雪(おそらく初雪)がチラチラし

今日の京都この冬一番の寒さでした。

しかし!このくらいの寒さに負けていられません!

さらに気温の低い北山に向かいます。

 

四条大宮から千本通を北上し鷹峯へ!

f:id:mayaboupan:20160119195244j:plain

ここまでで約7km!

結構なのぼりです!

このあたりはかつて光悦村という本阿弥光悦らが営んだ芸術村があった所です。

 

源光庵、光悦寺を過ぎると、

 

f:id:mayaboupan:20160119200132j:plain

 

急勾配の千束の坂を下ります。

そして、ここから・・・

 

長坂!

f:id:mayaboupan:20160119200708j:plain

かなりの勾配です!

きつい!!

走っているのか歩いているのか、わからのいくらいのスピードでしかのぼれません!

 

f:id:mayaboupan:20160119201342j:plain

完全に山の中!

ひとりでゼェゼェ言いながら走ります!

なぜこんなに苦しい思いをしなければならないのか?

なぜこんな坂を登るのか?

 

わからない!!

 

ここは長坂口といって京都から丹波、若狭へと続くかつての鯖街道

入口にあたります。

昔の人はこんな坂を荷物を担ぎながら行き来していたのでしょうか?

 

f:id:mayaboupan:20160119202229j:plain

ようやく広い舗装路にでます。

ヒルクライムというのでしょうか?

自転車で登っていく人は結構います。

サイクリングをしている人には有名なコースみたいです。

でも走ってランニングで登っていく人にはあまり会わないですね。

 

f:id:mayaboupan:20160119203231j:plain

京見峠到着!

 

f:id:mayaboupan:20160119203426j:plain

趣のある京見峠茶屋です。

今はやっていないようです。

 

f:id:mayaboupan:20160119203816j:plain

 

京都市内を一望出来ます。

 

もう少しのぼって、氷室別れという所で引き返します。

そして後は下るのみ!

 

下りはペースを上げて着地の衝撃に耐えられる脚をつくります。

 

家から峠まで約10km!

上りは心肺機能の、下りは脚作りの非常にいいトレーニングになります。

毎年、レース前の走り込み期に何度もこの峠走をするようにしています。

これによって、後のインターバル走やロングのペース走などが

楽に出来るようになります。

今日の感じでは・・まだまだですね!

例年より走り込みが出来ていないので(と言うか12月は全然走っていないので)、

怪我しないように気をつけながら、ペースアップしていきます!!

 

それにしても寒かった!!

もしかしたら明日の朝は雪が降っているかも。

いつもより早く家を出ます!